• ホーム
  • モーニングアフターピルの避妊効果|性行為後の緊急避妊成功率99.99%って本当?

モーニングアフターピルの避妊効果|性行為後の緊急避妊成功率99.99%って本当?

2020年05月04日

避妊に失敗してしまった時に望まない妊娠を避けることを目的にして用いるのがモーニングアフターピルですが、このホルモン剤を服用することにより受精卵の着床を防ぐことができます。海外では特によく知られている方法ですが、普段コンドームを使用しているときでも、避妊に失敗するトラブルが起きた時のために手元に置いておくのも一つの方法です。

これはあくまでも緊急避妊法なので、最終的な手段で日常的に服用するものではありません。世界的な観点から見れば、女性の体に負担がかからないことが確実な、低用量ピルが主流です。コンドームが破れたり外れた場合、装着を忘れていたなどのトラブルがありますが、このような事態に気がついた時に使用します。

モーニングアフターピルは12時間ごとに2回服用しますが、72時間以内に服用をすることにより99.99%の成功率があります。吐き気や嘔吐・頭痛などの副作用がありますが、これらは24時間以内に治るので安心です。実際に嘔吐する人の確率は1%なので、多くの人が嘔吐するとは限りません。

同じく妊娠の継続を阻止する方法として中絶手術がありますが、これに比べると麻酔に伴うリスクや身体的なリスクを踏まえると、モーニングアフターピルの負担は格段に低いと言えます。モーニングアフターピルは今後不妊症を引き起こす可能性や、後遺症の確率もゼロであり安全性が高いです。

モーニングアフターピルの効果は、服用した時期によって違いますが生理の来るタイミングも変わってきます。50%以上の人は生理が早まりますが、逆に生理が遅くなるケースも10%ほどあります。モーニングアフターピルは100%確実に避妊ができるわけではなく、避妊の失敗があった時の最後の緊急手段として使うことが望ましいです。

アフターピルをコンドームのように気軽に使うことは、体の負担を考えても望ましくはありません。服用後にさらに避妊をしない性行為があれば、妊娠の可能性があるので服用後は避妊されたことを確認するまで、適切な避妊方法を続けるか性行為を控えるようにします。

ピルには性感染症に対しての予防効果がなく、コンドームをつけなかったり破れた時には性感染症のリスクもあります。保健所や病院へ行き、性感染症の検査をしてもらうことが大切です。万が一性被害にあってしまいモーニングアフターピルを服用したい場合は、警察に届け出ることで緊急避妊は公費助成となるので、金銭的な負担がありません。

関連記事
低用量ピルの通販での入手方法|個人輸入代行サイトでならば購入可能?

低用量ピルを入手するときは病院で処方を受けるよりも、個人輸入通販サイトで購入したほうが安くなります。病院での処方薬が1箱2,500円とすれば、初診料や再診料、検査料などを含めて総額で4,000円くらいの費用がかかります。個人輸入通販サイトで購入すれば低用量ピルが1箱あたり約1,500円ほどで販売され...

2020年04月09日
低用量ピルの避妊効果とは?生理痛改善や生理周期のコントロール効果も!

低用量ピルには女性ホルモンが含まれており、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されています。毎日1錠ずつ服用することによって、排卵を抑制したり子宮内膜の増加を抑えることができます。低用量ピルはコンドームよりも高い避妊効果が期待できますし、毎日継続して正しく服用することで100%の確率で避妊できます。これ...

2020年04月06日
ダイアン35のジェネリック「ジネット35」の効果と販売価格

ジネット35はインドにある製薬会社が開発している低用量ピルで、ダイアン35のジェネリック医薬品になります。有効成分にはダイアン35と同じく、黄体ホルモンの中でも男性ホルモンの作用を抑えることができる酢酸シプロテロンや、卵胞ホルモンに似た働きのあるエチニルエウトラジオールの2種類が含有されています。排...

2020年04月04日
ダイアン35には肌荒れとニキビ改善の効果がある?

ダイアン35は女性ホルモンの卵胞ホルモン・黄体ホルモンに似た成分を配合しており、これらの成分が体の中を調整してくれるので、女性に起こりがちは肌荒れやニキビなどを改善してくれます。体内のホルモンが安定することにより、生理痛・経血量の減少・PMS軽減をさせることができます。生理もホルモンによって起こるの...

2020年04月02日