多様な薬のケース

低用量ピルは生理痛を抑えたり、生理不順を治すことができますが、毎日服用することで避妊することができるのがメインの効果になります。その中に美肌効果も含まれますが、低用量ピルの主成分には黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類のホルモンが配合されています。それらが美肌効果へのメカニズムを作り上げていて、黄体ホルモンはエストロゲンとも呼ばれていて女性を美しく保つ働きがあります。これにより低用量ピルを服用することによって、肌のツヤが良くなったり胸にハリがでる効果もみられます。一方の卵胞ホルモンはプロゲステロンと呼ばれていますが、女性が妊娠する時に大きく作用しており、保湿量を管理していくメカニズムがあります。

低用量ピルを服用すればこの2つの女性ホルモン量をコントロールすることができ、子宮内膜が厚くなることを防いだり、排卵を抑制する働きがあります。服用する際は毎日決まった時刻に1錠ずつ飲むことになりますが、これにより生理周期が一定になりますし、生理痛が緩和されることが特徴です。さらに生理トラブルも改善しますし、生理前や生理中の肌荒れもなくなり美肌効果が期待できます。卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、わずかな量により体内の中で色々な働きを起こさせる情報伝達物質になります。

ホルモンには色々な種類がありますが、特に女性ホルモンに対しては密接な関わりを持っており、肌との関わりが特に深いのは卵胞ホルモン・黄体ホルモンです。これらのホルモンバランスが崩れることは、ホルモン間とのやりとりがスムーズにいかなくなった状態のことを言います。女性は特に思春期や更年期はホルモンのバランスを崩しやすく、ストレスやダイエットなどでも崩すことになります。エストロゲンの卵胞ホルモンは、生理の後排卵に向かって分泌したり増加していきますが、次の生理になる直前に急激に減少していきます。

肌との関係は弾力に関わっている細胞へ働きかけながら、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させることです。これにより肌に潤いが出てきますし、ハリや弾力も与えられるとされています。プロゲステロンの黄体ホルモンは、排卵されてから黄体が形成されますが次の生理の直前まで分泌されるホルモンです。子宮内膜が妊娠前の状態に整えられますし、肌との関係は皮脂の分泌を活発にさせるので人によってはニキビや肌荒れが起きる時期でもあります。低用量ピルを服用することによって、美肌になるメカニズムが整います。

記事一覧
生理痛ってなぜ起きるの?生理痛が発生するメカニズムを徹底解説

生理の少し前から生理前半にかけて、子宮内膜の中はプロスタグランジンと言われる物質が出来上がります。こ...

2020年06月27日
ピルの主な副作用と発生を防ぐ方法|正しい使い方や服用頻度を解説

ピルといえば副作用があるイメージがありますが、持病のない健康な女性が医師の指導のもとで服用すればほぼ...

2020年06月02日
モーニングアフターピルの避妊効果|性行為後の緊急避妊成功率99.99%って本当?

避妊に失敗してしまった時に望まない妊娠を避けることを目的にして用いるのがモーニングアフターピルですが...

2020年05月04日
低用量ピルの通販での入手方法|個人輸入代行サイトでならば購入可能?

低用量ピルを入手するときは病院で処方を受けるよりも、個人輸入通販サイトで購入したほうが安くなります。...

2020年04月09日
低用量ピルの避妊効果とは?生理痛改善や生理周期のコントロール効果も!

低用量ピルには女性ホルモンが含まれており、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されています。毎日1錠ずつ...

2020年04月06日
ダイアン35のジェネリック「ジネット35」の効果と販売価格

ジネット35はインドにある製薬会社が開発している低用量ピルで、ダイアン35のジェネリック医薬品になり...

2020年04月04日